賃貸物件に関するクレーム
2012年01月26日 - 10:52:20

賃貸物件に不備があった場合、エージェントを通してオーナーが修理する責任があると思いますが、うちのオーナーは見積もりだけとって、その後まったく修理、修復を進めようとしません。エージェントにはかなり強く、早急に対応するよう要請していますが、「オーナーと連絡が取れない」などという訳のわからない言いわけをしたり、時にはエージェントの担当者が代わってしまったりとこちらもあてにはできません。

このように、こちらの要請に応じるそぶりをしながら、不備が長い間放置されている場合、どこかに現状を報告して不動産屋もしくはオーナーに圧力をかけたいのですが、そのような公的機関をご存じありませんか?もし知っている方がいましたら、教えていただけると助かります。

(7)
[1] ありがとうございます。
2012年01月26日 - 17:50:46

 ありがとうございます。エージェントとのコンタクトはメールで行っていますので証拠はすべてあります。早速試してみたと思います。助かります。

[2] VCAT
2012年01月26日 - 12:43:04

賃貸契約した時に渡された「Renting a home; A guide for tenants and landlords」
http://www.consumer.vic.gov.au/~/media/files/publications/housing-and-ac...
によるとVCATが間に入ってプレッシャーをかけてくれるようです。
テナントはレントを払い続けるけれど、オーナーが修理を完了させるまで
機関がレントをホールドしてくれる場合もあるとか。
詳しくはRepairsのページに!

Victoria Civil & Administrative Tribunal

55 King Street Melbourne Vic 3000 Australia

Tel 03 9628 9800
Freecall 1800 13 30 55
Fax 03 9628 9822
Email vcat@vcat.vic.gov.au
Website www.vcat.vic.gov.au
Postal Address; GPO Box 5408cc Melbourne Victoria 3001

[3] ありがとうございます。
2012年01月26日 - 17:52:42

そうなんです。レントだけどんどん上げられて、こちらの要請には全く対処してくれないことに、正直うんざりしていたところです。VCATの冊子はあるので、もう一度しっかり見直したいと思います。ありがとうございました。

[4] 家主の心証
2012年01月27日 - 20:35:10

昨年11月に「テレビ関係の修理業者」とのタイトルで質問した者です。その後の経緯をそちらに書こうと思っておりましたが・・・・・・現状を記すならば未だに根本的な解決を見ておりません。余りに時間を要するので強硬手段はないものかと思案していたところ、こちらの質問と回答が大変参考になりました。ところでそのような手段に出た場合(そうでなくとも苦情や要求を頻繁に行った場合)家主の心証を悪くして追い出される、となることが非常に心配なのでありますがその辺りはいかがなものでしょう?

この掲示板には確かに初歩的に過ぎたり自分で調べれば解りそうな質問もままあるようですが、何か困った時に頼れるのはここだけ、との思いの日本人居住者も多いのではないかと。かく言う私もその一人であります。

[5] salitanianさんのご心情も十分理解できます。出来れ
2012年01月27日 - 23:04:01

salitanianさんのご心情も十分理解できます。出来れば、良い関係でありたいですね。ただ、やはり言うべき時にははっきり主張した方が、結局は良いのではないかと思っております。

ちなみに、私は今日アクションを起こしました。まだ何も解決されていませんが、気持ちだけは一歩前進した気がします。コメントいただいた方々に感謝いたします。

[6] 良かったですね。
2012年01月28日 - 00:51:34

ouchiさん。アクションをおこされ、気持ちが前進したとのこと。

良かったですね。主張はすべきと思います。

日本人とひとくくりにするつもりはないし、くくることは嫌いなのですが、あえて。

日本人は事の終わったあとに文句を言うことが多いようです。また、私も不満を伝える際に、よく相手から言われることは『で?どうして欲しいの?』 まさにここにつきますね。つまり日本人的な感覚では、今までの話でだいたい想像できるだろ?

と思ってしまいますが、それを直接端的に伝えろと要求されます。ごもっともですが・・・。

かと思えば、日本人がごとく感性を持った惚れ惚れするようなオージーも沢山知っています。

長文にて恐縮です。つまり、主張をしたことは決して無駄になりません。要は、どう伝えればうまく伝わるか?を工夫することに尽きるかと思います。

是非、引き続きこの質問箱をご利用ください。共に悩み、どんなつまらないことでも、ほかの人の役に立つ日がくるかもしれませんよ。これが、本来の質問箱の主旨です。

最後になりましたが、明けない夜はないですから、時間はかかるかもしれませが必ず解決すると思います。

頑張ってくださいね。そして、素敵なメルボルンの思い出も沢山作って下さい。

日本人仲間より。