わかりやすいビザのおはなし-学生ビザと卒業生ビザの変更事項(2020年9月号)

Visa Title
学生ビザと卒業生ビザの変更事項

COVID-19感染拡大防止措置を踏まえ、オーストラリア政府は学生ビザ(サブクラス500)と、卒業生ビザ(サブクラス485)に関する変更事項を発表しました。
現時点で発表されている情報を以下にまとめます。

2年間の就学要求
卒業生ビザのPost-Study Workストリームに申請する場合、申請者は通常、オーストラリアで2年の就学期間(Australian Study Requirement)を満たさなければなりません。
現在有効な学生ビザを保持している留学生で、COVID-19規制措置のため、オーストラリア国外からオンライン授業を受けている学生は、その期間も2年間の就学期間にカウントすることができます。

国外からの卒業生ビザ申請
卒業生ビザは通常、オーストラリア国内から申請しなければなりません。但し、COVID-19規制措置のためにオーストラリア国外に留まらざるを得ない場合、申請要求を満たす留学生は、オーストラリア国外から卒業生ビザに申請することができます。

学生ビザ審査の再開 
COVID-19規制措置により、これまで停止していた学生ビザの審査プロセスが再開されます。これによりオーストラリアの国境が再開されると同時に、学生ビザで入国することができます。

無料の申請費用
COVID-19規制措置のために、ビザ有効期間中にコースを修了することができなかった場合、新しい学生ビザに無料で申請することができます。

英語試験結果提出期限の延長
COVID-19規制措置の影響で、英語の試験が受けられなかった申請者は、英語試験結果の提出期限の延長が認められます。
注: 前述した変更事項に関する詳細は、まだ発表されていません。
今後移民局によって発表される予定です。 COVID-19の規制により、影響受けた多くの留学生にとって、これらの変更は朗報となります。

最後に
移民局長のAlan Tudge氏は、発表の中で「これらの手段はオーストラリアで4番目に大きい産業部門である“留学セクター”を保護するためもので、またその回復を補助するためのものでもある」と述べ、留学生がもたらす経済効果の重要性を主張しました。しかしオーストラリア国外に留まざるを得ない、そのほかのテンポラリービザ保持者の救済に関しては、まだ何も発表がありません。

TSSビザ(サブクラス482)、卒業生ビザ(サブクラス485)、婚約者ビザ(サブクラス300)などのテンポラリービザ保持者で、現在のビザが切れる前に、オーストラリアに戻ってくることを切実に願っている人が多くいます。政府は留学生が運んでくるお金に焦点を当てるだけではなく、ほかのビザ保持者も重要視し、救済措置を設けるべきです。
このパンデミックにより、苦しめられているすべてのテンポラリービザ保持者への救済のために、今後なんらかの処置がされることを期待しましょう。

そのほか、ビザに関するご質問はKabo Lawyersまでご相談下さい。

Kabo Lawyers logo Andy Ellen
Andy Ellen【 アンディ・エレン】
(Registered Migration Agent, MARN 0962018)

KABO LAWYERS (カボー法律事務所)のシニア移住コンサルタント。
ビザ、法律に関するご相談に経験豊富なスペシャリストが対応します。
日本人スタッフによる日本語サポートあり。
相談先 E: Yuki.Nomura@kabolawyers.com(日本語)
E: andy.ellen@kabolawyers.com(英語) 
T: 03-9663-3337 T2, Level 23, 360 Collins St, Melbourne