2018/06/29

日本国内のみならず、カナダやインドなど海外5ヶ国に進出している炭火串焼厨房くふ楽。オーストラリア初進出となるIzakaya KuurakuがBourke St.にあるホテル内にオープンした。天井が高く広々とした店内は、居酒屋と言うよりレストランのよう。迎えてくれたマネージャーの加藤さんによると、朝はホテルの宿泊客向けに洋食を提供しており...

2018/06/01

結婚記念日や誕生日などのイベントが近付くとレストランのリサーチに明け暮れる。そんな経験をしているのは私だけではないのでは。そこでお勧めしたいのが、メルボルンCBD内にあるフランス料理店Philippe。オーナーシェフのPhilippeさんは、フランスを代表する店Paul Bocuseで修行し、Paul Bocuse日本進出の際には、...

2018/05/01

最近町を歩いているとよく見掛ける「Wagyu」の文字。1990年代に日本から持ち込まれた和牛をオーストラリア牛と交配させたオーストラリア独自のブランド牛で、メルボルンでは今、一種のブームになっている。今回はそんな中でも、入手困難な最高級ランクのWagyuを提供するTAKUMIを訪れた。...

2018/03/29

 メルボルンは「路地の散策が楽しい街」といったフレーズをよく目や耳にする。そのせいか、この数年はメジャー化した路地が多くなってしまった気がするが、まだ知られていない穴場が存在するのだ。Katherine Placeがそのひとつ。サザンクロス駅寄りの小さな路地で、わざわざ足を運びたくなる店が並んでいるのだ。ここに、...

2018/03/01

特集の中国茶に合わせ、中国の料理を紹介しよう。メルボルンには高級な店から大衆食堂のようなカジュアルな店まで、星の数ほどの中華料理店がある。中国の料理は地域ごとに特徴があり、今回紹介するのは上海スタイルの店David’s。上海料理は他の地域の料理と比べ、素材の味を生かした薄味が特徴とか。どんな料理が出てくるのか、...

2018/02/01

日本食を代表する料理のひとつ『天ぷら』。天ぷらはどこか高級なイメージがあるが、江戸時代は屋台で人気を博した『寿司』と『そば』と並び『江戸の三味』と呼ばれる庶民の味。そこで今回は昼はテイクアウェイ、夜は天ぷらコースが楽しめる店、ゆき亭を訪れた。ディナーは天ぷら8種類コース($55)のみで、アルコール類は$5でBYOが可能。「...

2017/12/20

本格的な夏到来のこの時期、いかがお過ごしだろうか? クリスマス明けのバーゲンセール、新年のパーティ-など、CBDを訪れる計画をしている人も多いのでは。そこで紹介したいのが、Arbory Bar & Eatery。ヤラ川を望む抜群のロケーションのこの店は、フリンダースストリート駅のプラットフォームからチラリと覗くことができるので、...

2017/12/01

夏になると無性に食べたくなるインド料理。しかしなぜかインド料理店は食堂系か、ファインダイニング系に二分化されているような気がする。開放的な雰囲気で、カジュアルだけどインテリアにも気を使っていて、気軽に立ち寄れる価格設定で、もちろん味も良くて、更に目新しい料理があれば…と、とどまるところを知らない私の希望。...

2017/11/01

時々「どうしてこんな所に?」と、思うような場所にレストランを見つけることがある。興味をそそられつつも、なかなか立ち寄る機会に恵まれず、しばくしてから入店したら想像以上に良かった。そんな経験をしたことはないだろうか? 私は自分の経験値から、意外な場所にあり、佇まいが周りとブレンドしていて見逃してしまいそうな店は、...