Delicate Beauties - Maskintape ( マスキングテープ )

 Delicate Beauties

They say size doesn’t matter, and in the case of many Japanese goods, they’recorrect. Whether they’re thoughtful, heart-warming, delicate or just small but perfectly formed, there’s a mountain of pocket-sized goods in Japan that make ideal souvenirs. In this column, we aim to showcase some of them.

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」と言いますが、小さくても優れもの、気の利いたもの、心がほっこりするもの、繊細なデザインのものなどが、日本には山ほどあります。お土産やプレゼントにも最適。そんな日本の雑貨を紹介します。

Maskintape - マスキングテープ 

 ◆◇◆◇◆ Maskintape ◆◇◆◇◆ 

In 1938 the first masking tape made of ‘washi’ (traditional Japanese paper) hit the market.
It was originally invented for use in the car painting industry, to help mask off specific areas and prevent overspray. Like Western masking tape, it was tough and could be removed cleanly, despite strong adhesive properties, but it was noticeably thinner. Improved upon over time, today it also comes in many different colours, widths and patterns.

This means you can use it as stationery, as well as tear it up to create interesting artistic effects, or write on it to create cute labels. You can also use it to brighten up notebooks or diaries, or add a colourful final touch to packaging. Of course, it can be used in kids craft projects, too.

In Japan, you can even get custom masking paper made with images you’ve created. Definitely something to try if you have the chance one day.

 

 ◆◇◆◇◆ マスキングテープ ◆◇◆◇◆ 

元々は工業用で、塗装をする時のはみ出しを防ぐための保護用粘着テープのことを言います。日本では、1938年に和紙製のマスキングテープが製造され、薄くて強く、粘着力があるのに、はがれ残りしないなど、使いやすい物に なりました。現在では更に改良され、文具、雑貨として、さまざまなシーンで活躍しています。

太さ、柄も豊富。手でちぎっておもしろみを出したり、テープ上にペンで字が書けるものもあります。ノートや手帳をかわいらしくしたり、包装をする時に華やかさを出すのに使ったり。子供達の工作にも使えます。

日本には、自分の描いたイラストをマスキングテープにするサービスをしているところもあります。オリジナルのマスキングテープを作っても楽しいですね。