日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●ブリッジについて●

今週は“ブリッジ”についてお伝えしていきたいと思います。ブリッジを聞いたことない方が多いかも知れません。“ブリッジ”、言葉の意味を思い浮かべてみてください。そうです、“橋”ですよね。歯科のブリッジも、この“橋”のような役割をしてくれるものなんです。では、実際にどのような役割を果たしてくれるものでしょうか。

 

【ブリッジとは】

2つの被せ物とその間に作られる加工義歯のことです。部分入れ歯とは違い、取り外しができず歯に固定されます。また、インプラントの上に装着される義歯にも使用されることがあります。基本的には、あるべき歯がなく空間がありそれを埋めてくれる役割をはたします。

 

【ブリッジが必要な場合】

あるべき歯がなくなり大きな空間ができる場合に、ブリッジが必要になってきますが、なぜその空間を埋める必要があるのでしょうか?それは下記の理由があげられます。

○見た目を整える(審美的なものだけでなく、顎骨の変形を防ぐなど)

○歯並びを整える

○噛みあわせを調整する

○スムーズに話せるようにする

空いている空間をそのままにしておくと、残りの歯がだんだんとこの空間に向かって動き始めます。例えば、両側の歯が内側に傾き始める、下の歯に空間があると上の歯がだんだん下がってきてしまうなどが挙げられます。このことにより、噛みあわせや歯並びに悪影響を及ぼすことにつながっていきます。噛みあわせが悪くなることで、顎骨を失わなければならなくなる場合もでてきます。

 

※ブリッジは、あるべき歯の空間を埋める方法のうちの1つです。1人1人の状況は違ってきますので、必ずブリッジが最適の方法とは限りません。必ず歯科医師と相談をしましょう。

 

【ブリッジの種類】

通常のブリッジ

2つの被せ物の間に空間が空いており、この空間を埋めてくれる義歯をポンティックと呼びます。このポンティックは、被せ物に接着されているものになります。この被せ物を被せるために、両側の歯を削る必要があります。

 

 ○インプラントクラウンブリッジ

2つのインプラントの上に義歯が装着され、その間にポンティックが接着されています。

 

○メリーランドブリッジ

2つの歯の間に空間が空いており、ポンティックに羽のような接着面がついています。この接着面が両端の歯の裏側に接着されます。

 

○キャンティリバーブリッジ

上記の2つの場合と違い片側のみに被せ物があり、ポンティックは片側の被せ物に接着されています。奥歯の場合に使用されます。

 

 

素材としては、金属・金属とセラミックの2層になったもの・プラスチックなどもありますが、オーストラリアではセラミックが主流です。

 

 

【どのようなケアが必要か】

通常の歯のケアと同じように毎食後の歯磨き・歯間磨きと共に、6ヶ月毎の定期検診やクリーニングで虫歯や歯周病予防を心掛ける必要があります。ブリッジの基本的な耐久性は、約15年といわれています。治療費も決して安くはないブリッジですから、きちんとケアをする事で出来るだけ長く使用できるようにしたいですね。

 

 

 

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。

513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au

www.shibatadental.com.au