日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●抜歯について●

“抜歯”と聞くと多くの方が、よいイメージを抱かないかと思います。麻酔をしても後に痛みや腫れがあるのは、食事にも影響がでますし避けたいものですよね。

実際に、ご自身の歯は極力残したほうがよいです。とはいえ、抜歯をしなければいけない場合もあります。今回は、どのような場合に抜歯が必要か、抜歯後のケアなどをお伝えしていきたいと思います。 

【抜歯が必要な場合】

虫歯が拡大し、根管治療では治まらない

歯周病が拡大し歯茎が歯を支えきれない

○歯科矯正 - 歯と顎の大きさがあわない/歯の役目がないなど

○放射線治療後の感染を防ぐため

親知らずに虫歯/歯周病/腫れがある

 

 

【抜歯後のケア】

抜歯後は、通常1時間~2時間で大体の出血は止まります。しっかりとガーゼを噛み、当日中は、安静を心がけ激しい運動はさけましょう。他のケアとして、下記のものがあります。
 

○麻酔が切れる前に痛み止めをとる(痛み止めとしてはイブプロフェンが好ましい)

○アスピリン(痛み止め)の服用をさける(血液を薄める作用があり、血餅ができにくくなる)

○ガーゼは、30分~45分おきを目処に新しいものと換える

○抜歯後、24時間は激しいうがいや抜歯した歯の周辺の歯磨きを避ける

○毎食後、1週間は塩水で口をゆすぐ

○腫れがでた場合、氷で冷やす

○出血が止まるまで食事をさける
○スープやヨーグルト、お豆腐など柔らかくほぼ噛まなくてもよいものを食べる
(抜歯後12時間程度)

○アルコール・炭酸飲料・ゴマなどの細かい食べ物を避ける

 

 

【気をつけるべき症状】

○ドライソケット

抜歯後血餅ができずに、歯槽骨がむき出しの状態になり痛みを感じたり、変な味やにおいがするものです。喫煙者やピルを摂っている女性に多く見られる傾向にあります。もし、上記の症状が見られた場合、すぐに薬を抜歯をしたところへ入れる必要があります。

○熱・寒気

○吐き気・嘔吐

上記の症状がある場合は、すぐに歯科医院へかかりましょう。

 

痛みや腫れの他に、感覚が鈍くなったり、ちくちくするな痛みを頬や歯茎、唇などに感じる場合、口が開けにくくなるなどの場合もあります。これは、抜歯後に見られる通常の症状となります。2,3日で症状は治まりますが、個人によっては1週間以上続く場合もあります。

 

 

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au

www.shibatadental.com.au