日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●インプラントについて●

虫歯や損傷が原因で歯に影響が出た場合、まずは診察中にレントゲンを撮って状態を確認します。
根管治療もできず、もとの歯を保つことが出来なくなった時に行う治療はいくつかあります。

今回は、日本でも広まってきているインプラント治療についてご紹介します。

インプラントとは?
インプラント(Implant)とは、体内に埋め込む医療器具などの総称です。
人工関節や、体内に埋め込むシリコンなどはすべてインプラントです。
歯科用に用いられる場合、正確には歯科インプラントまたはデンタルインプラントと呼びますが、一般的にインプラントと言う言葉は歯科治療においてのインプラントを指すことが多くなっています。
デンタルインプラントは、歯が無くなった箇所の顎骨に埋め込む人工歯根です。

インプラントの仕組みは?
インプラントは基本的に3つのパーツが組み合わさって完了します。

・フィクスチャー(骨に埋め込むネジ、土台)
・上部構造(義歯)
・アバットメント(連結部)

インプラントの利点は?
インプラントの最大の特徴は、義歯をしっかりと固定できるということです。
骨の中に器具を埋め込んで固定するため、取れたりする不安もなく安心して日々の生活を楽しむことができます。
また、残っている他の歯を安定させるために使ったり、削ったりということはありません。
他の歯には負担を掛けることなく治療が行えるのもインプラントの利点です。

インプラントの欠点は?
インプラントの欠点として主に、治療期間が長く、治療費が高いことが挙げられます。
そしてインプラントを骨に埋入する手術を行うため、全身状態が良くない場合は適応が難しくなります。

治療の流れは?
簡単に説明すると、

①まず抜歯が必要な場合は抜歯をします。

②そして専門医により、骨にインプラントが埋入されます。

③骨とインプラントが結合するのを待ちます。

④準備ができたら、連結部であるアバットメントを装着します。

⑤クラウンを技工し、被せて治療の完了です。

治療期間は?
治療開始から終了までかかる期間には個人差があり、症例により異なってきます。
骨にインプラントを埋めた後、インプラントが骨に結合するまでには一定の期間が必要になります。
最低でも、3ヶ月から1年は掛かると思っておいた方が良いでしょう。
そして、骨の状態により、結合までの期間が大きく左右されます。
もしも骨がなくなった状態の場合は、骨の造成が必要になり、その治療期間が入るために抜歯からインプラント治療完了までの期間は延びてしまいます。

抜歯後から、インプラント完了までの間は?
抜歯をしてインプラントの治療が終わるまでの間、歯が抜けた状態で過ごすのは大変です。
食事がしにくくなったり、しゃべりにくくなることもあります。
そのため、抜歯をする前またはした後に、部分入れ歯を作ることをおすすめしています。
入れ歯をすることで、周りの歯が動くのを防ぐことも出来ます。

インプラント以外の治療方法は?
インプラント以外にも、入れ歯やブリッジという治療方法があります。
入れ歯の場合、入れたり外したり、消毒したりという毎日のお手入れがとても大変だという患者さんもいます。
ブリッジの場合、外す必要はありませんが、ブリッジの下に歯垢や歯石が溜まりやすくなるため、

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au

www.shibatadental.com.au