日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●歯周病について●

歯周病とは?

歯周病とは、歯を支えている組織の腫れ、痛みや化膿のことです。

歯周病の中でも、歯肉炎歯周炎が二大疾患となっています。

 

歯肉炎とは?

歯肉炎とは、歯茎の炎症ことです。

歯の周りの歯茎がとても赤くなり腫れている状態です。

腫れた歯茎は、歯磨きの際に出血することがあります。




歯周炎とは?

長い期間続いた歯肉炎が歯周炎に変わることがあります。

歯周炎には様々な種類があり、すべて歯を支えている組織に影響します。

歯周炎が悪化すると、歯を固定させている顎の骨が失われ、歯がぐらついてしまいます。治療をせずに放っておくと、最終的には歯が抜け落ちることになります。

歯周炎は、歯槽膿漏とも呼ばれています。

     → 
      

歯周病の原因は?

歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)です。

プラークとは、日々歯や歯茎の表面に形成される細菌のことです。

プラークの中の細菌の多くは全く悪影響はありませんが、ある種の細菌が歯周病の大きな原因になっていることがわかっています。

歯周病予防のためには、ブラッシング、フロスとマウスウォッシュで、毎日歯や歯茎についたプラークをきれいに取り除くことが大切です。
 

生活習慣やその他の病気との関連性は?

近年の研究により、様々な全身疾患と歯周病の関連性が指摘され始めています。

心疾患、糖尿病などの生活習慣病、妊娠、喫煙、そしてホルモン分泌の増減によって歯周病にかかりやすくなることがわかっています。その中でも糖尿病が歯周病に与える影響は大きいとされています。

 

歯周病になっているか確認するには?

最初のサインは、歯磨きの際の出血です。

食事の際に歯茎から出血し、口の中に不快な味を残すこともあります。

そして口臭にも繋がることがあります。

 

歯周病かも、と思ったら?

まずは歯医者さんに行き、歯や歯茎の検診をしましょう。

歯周ポケット(歯と歯茎の溝)の深さを測ることで、歯周病の兆候があるかを確認します。

もしも歯の周りの骨が失われ始めていたら、レントゲンで確認する必要があります。

これらは、これからの正確な治療方針と予防対策のためにとても大切な歯周病検査です。

どのような治療が必要?

まずは、衛生士による全体的な歯のクリーニングです。

そしてどのように自分自身でプラークを取り除き、すべての歯を清潔に保つことができるかという説明を受けることも大切です。

 

歯がきれいになったところで、歯の根の部分に更なるクリーニングが必要になる場合があります。歯茎の下に住み着いたすべての細菌を取り除くためです。

歯茎の深い所のクリーニングになるので、麻酔が必要になる場合があります。

歯周病でない人は通常6ヶ月毎の定期クリーニングで大丈夫ですが、

歯周病になると3ヶ月毎のクリーニングが必要になります。

 

一度歯周炎になってしまったら?

歯周炎は、完全に治ることはありません。しかし、家でのケアをしっかりしていれば、それ以上骨が無くなってしまうスピードを緩める、もしくは防ぐことが出来ます。

そして毎日しっかりとプラークを取り除き、プロによる定期的なクリーニングを受けることが必要不可欠です。

歯がグラグラする、歯磨きすると出血がある、というのは歯周病のサインです。

悪化してしまう前にご相談ください。

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

 

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5

*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au