日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●膿瘍(のうよう)について●

虫歯は、ミュータンス菌の繁殖にて起こるう蝕です。他にも細菌の感染による症状があり、化膿して膿んでしまうものがあります。これを膿瘍(のうよう)といいます。歯の膿瘍には2種類あります。どちらも膿が溜まってしまうものですが、どのように違うのでしょうか。では、詳しく見てきましょう。

1. 歯槽膿瘍

細菌が根管部分に繁殖し、歯根の尖端部分が化膿します。そして、膿が尖端部に溜まってしまうものです。

 

2. 歯周膿瘍

細菌が歯周ポケットに繁殖し、歯根部分周辺の歯茎が化膿します。そして、膿が歯茎に溜まってしまうものです。

 

 

【なぜ、起きるのか】

基本的には細菌の繁殖によるものですが、どのように細菌が入り込むのでしょうか?下記の理由が挙げられます。

1. 歯槽膿瘍の場合:

歯冠部から入り込んだ細菌が歯髄を通り、尖端から出て化膿します。

○ 詰め物と歯の隙間

金属の詰め物はコンポジットの詰め物とは違い、自然の歯に密着しないため小さな隙間ができてしまいます。その隙間から細菌が入り込む可能性があります。

コンポジットの詰め物は唾液からの細菌感染の可能性が考えられます。これにより接着剤、詰め物、歯まで弱めてしまいます。または、詰め物と歯の間にほんの少しの隙間がある可能性も否定はできません。

 

○ 詰め物のひび割れ

硬い物を噛んだり、歯ぎしりによって徐々にひびが入ります。また、詰め物の耐久年数も関係してきます。

 

○ 歯垢・歯石からの菌の繁殖

虫歯が進行した場合、歯髄まで到達した細菌が繁殖し歯の尖端まで拡大していきます。

 

 

2.歯周膿瘍の場合:

歯垢・歯石が溜まったり、細菌の繁殖によって歯周ポケットが拡大していきます。これを歯周病というのは前にもお伝えいたしました。この細菌の繁殖が歯茎で溜まっていき、化膿してしまいます。

 

 

【症状】

1. 歯槽膿瘍の場合:

○鋭い痛みが続く

○押した時の痛み

○歯茎に膿(重症の時は頬の腫れ)

 

2. 歯周膿瘍の場合:

○唐突な噛んだ時の痛み

○押した時の痛み

○歯茎の赤みのある腫れ

 

【治療】

1. 歯槽膿瘍の場合:

膿の除去や抗生物質による投薬治療により、感染部分を排除します。場合によっては、根管治療、または抜歯となります。

2. 歯周膿瘍の場合:

膿の除去や抗生物質による投薬治療後、歯周ポケットクリーニングを行う場合や抜歯になる可能性もあります。

 

 

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au

www.shibatadental.com.au