日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●ボトックス®について●

日々暖かくなってきているメルボルンですが、いかがお過ごしでしょうか。

最近、当医院では歯科治療に関わりの深いボトックス®注入を始めました。オーストラリアだけではなく、日本でもしわを取る美容目的として美容外科や美容皮膚科などで取り扱われているようです。ボトックス®は歯科治療目的としての役割を果たすことが可能です。では、ボトックス®とは何か、どのような歯科目的としてどのような効果があるのか見ていきましょう。

 

ボトックス®とは】

ボトックス®A型ボツリヌストキシン)は、ボツリヌス菌から抽出される天然たんぱく質を精製したものです。ボトックス®商標として主に、Botox®Dysport®そしてXeomin®が知られています。ボトックス®にて使用されるたんぱく質は、細菌から抽出されたものでありますが、直接ボツリヌス菌を注入するわけではありませんので、ボツリヌス菌に感染するといった危険性はありません。

また、ボツリヌス菌毒素は人体に害はありません。人に対する致死量は3500単位~50万単位といわれています。一度の注入に使用する量は、20単位~250単位となりますので繰り返し注入をしても問題はありません。

 

施術】

濃度調整したボトックス®を注射器にて注入します。ボトックス®に使用されるたんぱく質は体の一部に注入をすると、筋肉へ向かう神経の末端や自律神経の末端に直ちに取り込まれ、局所神経を麻痺させる働きがあります。

 

歯科治療目的のボトックス®効果】

歯ぎしりの改善

顎関節症の改善

 

【ボトックス®注入箇所】

“噛むこと”に重要な役割を果たしている顔の筋肉には4種類あります。それぞれの役割は下記になります。

 

1. 咬筋(こうきん) - 噛む時に非常に力強い働きをする

2. 側頭筋(そくとうきん) - 下顎骨を持ち上げ、口を閉めるために必要

3. 内側翼突筋(ないそくよくとっきん) - 下顎骨を持ち上げ、口を閉めるために必要

4. 外側翼突筋(がいそくよくとっきん) - 下顎骨を前や両側に動かすために必要

 

咬筋と側頭筋は比較的皮膚のすぐ下に位置していますが、内側・外側翼突筋は、奥深くに位置しています。ボトックスを、咬筋や側頭筋へ注入し、顎周りの筋肉を弛緩させ改善しますこの働きによって顎関節症から発生する顔の痛みや、頭痛、肩こり、首の痛みなどの症状の緩和が可能となります。

 

 

通常、歯ぎしり・食いしばりからの歯の痛みの場合、まず初めに、スプリントと呼ばれるマウスピースを作製し、就寝時に装着します。もしそれでも改善しない場合は、理学療法にて治療に進みますが、さらにそれでも改善されない場合はボトックス®にて改善を試みます。

ボトックス®にご興味がある方は、検診クリーニング時などの際に当歯科医にお尋ねください。

 

 

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au

www.shibatadental.com.au