日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●オーストラリアの歯科治療費について●

海外生活の中で突然病気になったりケガをしてお医者さんに行く前に、
言葉が通じるかどうか、そして治療費がいくら掛かるかみなさん気になるのではないでしょうか。

海外で歯医者に掛かると治療費がものすごく高いというイメージがあると思います。
日本だともっと安いのに、なぜオーストラリアではこんなに高いんだろうと思ったことがある人はたくさんいらっしゃると思います。

今回はオーストラリアの歯科治療費について少しご説明します。

政府補助の有無

日本では、歯科治療だけではなく、様々な医療費に国民健康保険や社会保険が適用され、70%は公費で負担されます。
そのため歯科治療でしたら数百円から数千円で収まることが多いでしょう。

オーストラリアの場合、日本の国民健康保険に代わるMedicareは、一部の条件を満たす人以外、歯科治療費には適用できません。
そのため多くのオーストラリアでの歯科治療はすべて自費で支払うことになります。

保険適用外の治療について

保険適用外の歯科治療費に関しては、実は日本もオーストラリアと大差はありません。
例えば、セラミッククラウン、セラミックインレー、歯列矯正、ホワイトニングは日本でも保険が効かないものになります。 

日本では虫歯が出来た場合、保険が使える範囲内の治療をすることが多く、
大きな虫歯治療の場合は、銀歯を入れるのが主流だと思います。
日本では、セラミッククラウン(白い陶器の冠)は保険適用外治療となり、相場は約8~15万円です。

オーストラリアではいわゆる銀歯の詰め物をする歯科医院はほとんどなく、
大きな虫歯治療や歯根管治療の後は、セラミッククラウンの治療をすることになります。
セラミッククラウンの治療費は日本とほぼ同じ料金になります。 

物価・税金率の違い

オーストラリアに来てから、すべてにおいて物価が高いと感じる方はたくさんいらっしゃると思います。
食料品や衣服、交通費、そして家賃や人件費など、日本と比べるとオーストラリアの物価は高く、医療費もまた同じです。
治療の際に必要になる素材も、例え日本の歯科医院で使われているものと同じものを使用したとしても、高くなります。

消費税や所得税も、日本よりもオーストラリアの方が高いため、それに連れ治療費も日本より高くなっています。

治療費を抑えるために出来ること

プライベート保険の加入と見直し

オーストラリアに永住している方は、プライベート保険に入られている方もいらっしゃると思います。
保険のプラン内容と通院する歯科医院によっては、25歳以下の加入者は歯科治療がすべて保険適用になるという場合もあります。歯医者に行きたいけれど高いから行けないと思っているのであれば、一度保険のプラン内容を見直してみると良いかもしれません。 

留学に来ている人は、強制的に留学生用の保険に加入していると思います。自分は虫歯になりやすい、など自覚している場合は、歯科治療もカバーされるプランに追加加入しておきましょう。

海外旅行保険を利用する

仕事の都合でオーストラリアに滞在している場合や、ワーキングホリデーで来られている方の多くは海外旅行に加入しているかと思います。その場合、歯科治療も保険適用になるのか確認しておきましょう。歯が突然痛くなった時のために、ある程度の歯科治療費の補償があるかもしれません。

日本の社会保険や国民健康保険に治療費の支給申請をする

日本の社会保険や国民健康保険に加入している場合、オーストラリアで受けた歯科治療費の一部還付が認められます。給付対象となるのは日本国内でも保険適用が認められる治療方法や材料になります。申請する場合、まず治療後に一旦治療費全額を支払い、その後請求手続きをすることになります。

申請の際に医師が記入した診療内容明細書および領収明細書が必要となりますので、申請予定の方は、来院の際に指定のフォームをご持参ください。

予防歯科を大切にする

日本では、歯が痛かったり、何か問題があってから歯医者に行くことが多いのではないでしょうか。または少しくらい痛くても我慢の限界まで受診しないという人もいるかもしれません。

これは、社会保険により治療費の負担が少ないため、虫歯になって症状が悪化してから受診したとしても比較的気軽に歯医者に通うことが出来るからかもしれません。 

オーストラリアでは、虫歯になったから歯医者に行くのではなく、虫歯にならないよう予防のために歯医者に行くという考えが定着しています。歯が悪くなってからの通院だと治療内容も大きく変わり、治療費も高額になってしまうと認識している人が多いからでしょう。

6ヶ月毎に検診とクリーニングを行い、2年毎にレントゲンを撮るというのが当たり前になっており、健康な歯を保つための予防歯科が重要視されています。

小さな頃からシーラントで歯の溝を埋めたり、トゥースムースで歯の健康を守ることで、大きな治療をしなくていいように常に心がけている方が多いです。

オーストラリアに来る前に出来ること

日本からオーストラリアに来ると決めてから、多くの方は渡豪まで準備期間があると思います。日本にいる間にしっかりと検診を行い、必要があれば治療をしてからオーストラリアに来ることをおすすめします。

-クリーニングと全体的な検診を行う

日々の歯磨きでは落としきれていない歯垢や歯石を歯医者で取り除くことで虫歯予防に繋がります。痛みを感じていなくても、小さな虫歯が渡豪後に大きな痛みに変わることは十分有り得ます。全体的な検診をして、小さな虫歯も完治しておきましょう。

-検診の際に、レントゲン写真を撮る

左右の奥歯のBite Wingと言うレントゲンを撮って、虫歯がないかを確認しましょう。詰め物や歯根管治療をした歯も、レントゲンを撮ることで、詰め物の下に隠れた虫歯を発見できるかもしれません。

-親知らずは抜いておく

 口全体の大きなレントゲンを撮り、現在自分の親知らずがどのような状態か確かめておくことも大切です。まだ生えてきていないからと言ってそのままにしておくと、オーストラリアに来てから問題が出てくることもあります。歯科医師と相談して、後々抜く必要があるのならば日本にいる間に抜いておくと良いでしょう。

-歯周病検査をし、歯周病になっていれば安定した状態まで治療を続けておく

歯周病になっているのに気付かずに放置しておくと、最悪の場合歯を支えている骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は虫歯治療のように一度や二度の通院で治すことが出来るものではありません。日々の歯みがきやフロスも大事ですが、一度歯科医院できちんと検査をし、もしも歯周病になっているのであれば治療を始めてオーストラリアに来るまでに安定した状態にしておくことで、治療費を抑えることに繋がります。

症状が悪化してからの治療になると、その分治療費も上がります。
治療を回避するために、予防ケアに力を入れることが大切です。

 

 

自分の歯を健康に保つことは、生活の質にも関わります。
笑った時に、ステインが付いていたり歯茎が腫れていると素敵な笑顔も台無しになります。
おいしいご飯を食べていても、噛んだ時に歯が痛かったりグラついていると、食べる楽しみも半減されます。

痛い所がないから検診もクリーニングも必要ないと思っている方もいるでしょう。
または、歯が痛くなっても日本に帰るまでは治療を我慢しようと思っている人もいるかもしれません。
しかし、我慢している間にも症状は悪化し続け、他の歯にも影響を及ぼすことがあります。
放置していたために、歯根管治療や抜歯をしたり、入れ歯をせざるを得なくなってしまった患者さんもたくさんいます。
しっかりと定期的に検診とクリーニングを受け、問題が見つかった時点で治療を行っていれば大掛かりな治療をせずに救うことが出来る歯はたくさんあります。

治療費が高いからという理由で歯医者に行かずにいると、大切な歯を失ってしまう可能性があります。
自分の歯の健康をおろそかにしないように心掛け、大きな治療をしなくていいように日々の口腔ケアをしっかり忘れないようにしましょう。

 

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au