日本人歯科医が分かりやすくご説明します
柴田歯科医院 
513 Camberwell Road Camberwell VIC 3124
03 9889 0612
●子供の歯について●

今回は子供の歯、おもに最初の定期健診が必要な1歳~2歳頃の歯について

説明をさせて頂きたいと思います。

現在の歯科医療は”治療”から”予防をする”という考え方に変わってきています。

歯科医院での定期的な検診は治療や予防、歯磨き指導や子供の成長に合わせてお口の相談など、様々なサポートを受けることができます。

『検診のメリット』

 ・ママでは見つけられない初期のムシ歯の早期発見
 ・フッ素"やシーラントなどムシ歯の予防処置
 ・歯みがきや食生活の指導
・ムシ歯を予防するためのアドバイスを受けられる
 ・歯医者さんに慣れることができる
・歯についての意識が芽生える

いつから子供の歯のケアをするのでしょうか?と言う質問をよく頂きますが、実はきちんとしたケアは子供の歯が生え始める前から始まっています。

赤ちゃんは歯が全てある状態で生まれます。そして、歯茎に隠れていて実際には見えませんが、6カ月頃から歯茎から出始めます。

きちんとした口腔ケアを始めることで、健康な歯茎から健康な歯が生えるのです。

 

3歳までにすべての歯が生え揃い、これらは乳歯と呼ばれます。 乳歯は6歳頃から抜け始めて、大人の歯 つまり永久歯が生え始めます。乳歯の隙間は一般的です。 永久歯が入るための隙間で、13歳までに、ほとんどの永久歯が生え揃います。

 

哺乳瓶により虫歯が出来ることもあります。

予防策としては、赤ちゃんが寝たら哺乳瓶を片付けて、赤ちゃんを哺乳瓶と共に寝かせないことです。

『赤ちゃんの歯』 

☆0~1歳

乳歯がはえ揃う前は、ほ乳瓶に砂糖を含んだ飲料や酸性度の強い飲料などを入れないようにしましょう。

歯がはえ始めたら(生後6ヵ月頃)、食事の後には湿らせたガーゼなどで歯と歯肉をふいてあげると、なお良いです。

お母さんに歯磨きをしてもらってから寝るという習慣をつけましょう。

☆2~3歳

乳歯がはえ揃う頃 子ども自身で歯磨きをさせ始めて下さい。その後、しっかりとお母さんによる仕上げ磨きを行います(8歳頃まではそうしましょう)。

Q 乳歯の虫歯って放っておいてもいいの?

放っておかないようにしましょう。乳歯が生え始める生後5~6ヵ月頃には、顎の骨の中にはすでに永久歯がスタンバイしていますので、いずれ抜けると乳歯の虫歯を放っておくのは、永久歯の芽をだめにしてする可能性もあります。

そして、抜け代わる順番を狂わせ永久歯の歯並びを乱す原因になってしまうので、気になる点があれば歯科医に相談して下さい。

『定期健診の重要性』

1歳を過ぎると6から8本ぐらいの歯が揃い始めます。

治療で初めての歯医者へ行く事は、子供に苦手意識を与える原因にもなりかねませんので、その前に慣れさせるためにも

ぜひ一度歯科検診へ行きましょう。

歯やお口のトラブルに関するご質問・ご相談があればお問い合わせください。

受付には常時日本人スタッフがいますので、日本語でお気軽にお電話ください。

**********************************************************

SHIBATA DENTAL

TEL: (03) 9889 0612

月曜日・火曜日 午前10時~午後8

水曜日・木曜日 午後12時~午後8

金曜日     午前10時~午後5
*診療時間は週により変更する場合がございます。ご確認下さい。


513 Camberwell Road, Camberwell 3124

Tram 75 Stop 48

Email: smile@shibatadental.com.au