不動産でまた言わせてください
2012年11月07日 - 15:54:59

すみません、こちらでなんども言わせてもらっているものです。

私が使っているオークリーの不動産で不愉快なことがあり、どなたかこのような経験がある方が
おりましたが、アドバイスをと思いスレッドを入れました。
5月にも家の不具合があったときなども外国人だからなのか無視され、家主に電話して2か月後に解決した
ことがあります。今度は家を出る際のエクストラチャージについてです。

もともと大学院修了と同時に家を引き払う予定でこの不動産のアプリケーションにも12月中旬に退去予定と記入してありましたが、契約書取り交わしの時に1月20日までとなっていました。それに気づき担当者に質問しましたが、その際は「this is one-year contract」とのみ伝えられましたが、長男の小学校決めのあって、家が決まらないと小学校の応募もできなかっため、仕方なく契約しました。
そして12月中旬に退去の予定と家主にも1か月以上前に伝え、そして最近不動産にも「予定通りの退去」と書いて提出しましたが、今日届いたレイ・ホワイトの手紙からは「違約金として1月までの家賃とさらに2週間分の違約金」の支払いを催促されました。これに驚いた私はすぐ家主に電話しましたが、金が欲しい家主としては「レイ・ホワイトに聞きなさい」としか聞き入れてくれず、実際この不動産の担当者に伝言をいれても今のところ返信がありません。

大学のhousing serviceに明日契約書すべてもって相談にいきますが、こんなに嫌な思いをしてさらに請求された金額を払うのは気持ちがおさまらず、こちらに入れました。おそらく不動産は契約書に書いてあって
それをしっかり読まなかった自分が悪いと言われるとそれはそれで仕方ないのですが、それならば、契約時にレイ・ホワイトからか1か月前に伝えた家主からアドバイスがあってもよかったと思いました。そのまま自分は泣きをみながら支払うしかないのでしょうか?大学院の課題も山場を迎えても集中できず、精神的にまいっています。どなたかこのような経験がおありの方がおりましたが、どのような対策を取ったか教えていただければ幸いです。

(8)
[1] 契約にもよりますが
2012年11月07日 - 19:29:32

こちらの賃貸契約は ほとんどのところが1年契約です。なので契約書にサインしてしまったら 契約期間より早く出る場合はBondの返金は一切なし、そしてRealestateなどに広告(新しいテナントを探すため)を出すための広告代を請求されることもあるようす。なのでもし契約書をお持ちでしたら 契約期間と遺棄をする場合のルールをもう一度確認してみてください。この場合は家主さんは関わってないので何も出来ないと思います。

契約期間より前に出る場合は私の経験ですとボンドの返金なし&広告代$300と掃除代$300(1ベッドルームでした)くらい請求されました。でも不動産屋さんが変わりに住む人(takeover)を探せば支払わなくて良いといってたので自分でTakeoverしてくれる人を探しました。

私はTakeoverしてくれる人が見つかったのでボンドも返ってきて広告代なども払わずにすみました。
なので誰かTakeoverしてくださる人を探すと良いと思います。大学の掲示板とGumtreeに広告を載せたらすぐにみつかりました。

今の時期は学生とても忙しいのでお気持ち察し致します。
早く解決するといいですね。

[2] 困ってらっしゃるところにあまり余計な事は言いたくないのです
2012年11月07日 - 21:18:33

困ってらっしゃるところにあまり余計な事は言いたくないのですが、アドバイスであるものとだけ聞いてくだされば。一般的に賃貸の場合、主さんが呼んでいるように「不動産」とは言いません。英語でも同じく「real estate」と言うと一般的に所有を意味します。その場合家主/エージェントが細かい人だったらやや見くびられてしまっているのではないかと思い、書き込みました。

私の想像がケースに当てはまらない場合は大変失礼。無視してください。

私も上の方が言っているように、契約期間内に出る場合はボンド(1ヶ月分?)放棄が通常だったと思います。私の身の回りでもテイクオーバーしてくれる人を見つけて早期に退去した人がいました。

こっちは市場も法律も貸し手が強くって、私も不満を持っています。借りたり追い出されたりに疲れたことを理由に若くして家を買う人も身の回りにいました。

[3] アドバイスありがとうございます
2012年11月07日 - 21:59:57

aiさん、tweetintweetさん、

お二人のアドバイス本当にありがとうございます。私も家を決めなけければ長男の小学校も探すことができないと
思っていたものですから、契約の際に12月に出るのになぜ1月まで?と確認しましたが、結局サインしてしまいました。
aiさんの方が私よりも数段に悪質な感じです。それがこちらでは当然のことなのでしょうが、私も広告代などを請求されています。家族が住む1戸建てですごく古いので、借り手が見つからない可能性が多いですが、明日一度大学のhousing serviceでアドバイスをもらって、それから考えてみようと思います。

(大学のことまでご心配していただき、恐縮です。
今日1日棒に振ってしまい、一つだけ延長願出してしまいました。)

[4] まずは
2012年11月10日 - 10:29:17

 契約書は正式なものなので、自分に納得いかない場合は、サインをする前に契約書を書き換えてもらう必要があります。アプリケーションフォームはあくまでも契約書を作る以前の書類なのでそこで書いてあったことと、契約書に書いてあったものが違うならば、その時点で問題を提起しておくべきでしょう。

契約書に一度サインをしてしまって提出したあとでは、アプリケーションフォームに書いてあったことが本来のことであっても手遅れになります。

住宅の賃貸契約書は、日本の不動産契約書と同じように分かりづらいものです。
時間をかけてよく読んで、分からない点はサインをする前に説明を受けたり、英語を母国語とする方を伴って質問しに行くのがよいと思います。


[5] みなさんと同様
2012年11月10日 - 10:57:35

 このケースの場合契約書にサインしてしまっているので覆すのは難しいです。
この国で賃貸トラブルなんて日常茶飯事だし生粋のオージーだって上手く立ち回れず
泣き寝入りなので元気出してくださいね。

こういうとき(契約書サインしちまったので勝ち目が薄いけど、ちょっとサービス的
にひどいんじゃない?)と思うときはこちらも悪知恵で対抗するほうがこの国で生きて
いくのにストレス少なくてすみます。
私は引越しするとき新しい場所の契約期間と古い場所の契約期間がダブった場合は自分
はさっさと引越ししてその間だけそこに住みたい人(ワーホリで来たばかりでとりあえ
ず落ち着き先が決まるまでの仮の宿を探しているひとなど)に貸して家賃分貰います
(もちろんフルではなくちょっと安くして)1ヶ月以内なので物とか壊さない限り
大した問題にはならないと素人考えで思います。ワーホリさん用に必要最低限の
もの机テレビ台所用品などだけ残しておいてあげて、契約期間満了のときにフルで
引越しします。

私はテイクオーバーの人探して来たって大家が気に入るかどうか分からないからダメといわ
れるケースが多かったのでこういった方法もありますよということで。


[6] お二人ともありがとうございます
2012年11月10日 - 10:54:57

White rabbit さん、就活終盤戦さん

お二人のコメントありがとうございます。契約期間を1か月残して仕事のため帰国しなければならないので、
契約終了までの1か月分は支払い、bondを戻してもらう予定でいます。大学のhousing serviceからもアドバイスを
もらい、一通りの可能性のあることはやってみようと思っています。お二人のご意見本当にありがたいです!

[7] 元気を出してください。
2012年11月10日 - 16:33:58

お気持ちお察しいたします。

実は私も同じ不動産屋さんです。しかし、幸運なことに一度もトラブルに見舞われたことはありません。

もちろん半年に一度のインスペクションなど、こちらに来て5年。一度も、誰も、来たことなどありませんので、

気にしたこともありませんでした。

一年契約で入りましたが、契約が切れて4年?

契約更新などの手続きもしないまま現在も平和に住み続けております。

最初は仮住まいのつもりで入居した家でしたが、周りの方の賃貸に関するトラブルを聞いているうちに、

多少不便があっても、トラブルが無く、賃料が上がることもないここが、”住めば都” と、なっております。

誠実な日本人にとって 理不尽に感じることの多い社会ですが

もう帰国できるのですから。。。一つの経験と割り切って元気を出してください。

[8] ありがとうございます
2012年11月10日 - 23:25:51

melwayさん、

励ましいただき、ありがとうございます。契約内容を確認しなかった自分が悪いのはよくわかっているのですが、
なんだか悔しい気持ちがありまして(笑)誰かにわかってもらいたかった感じです

melwayさんのおうちは平和に暮らすことができるよいおうちなんですね。私もrealestate以外はメルボルン
大好きで、実はあまり帰りたくないですね。家族で住むことがないかと思うとさらにさびしい気持ちになります。

コメントありがとうございました。