妊娠中のビザの切り替えについて
2012年08月10日 - 14:36:05

 はじめまして、私は現在観光ビザで滞在中の者です。オーストラリアには数ヶ月までまでワーホリで2年滞在し、今回彼に会うために観光で戻ってきました。

彼はスポンサー待ちのブリッジング中でして、その結果が出るまで学生ビザに切り替えるつもりで居たのですが、数日前に妊娠が発覚しました。

このままでは恐らく学生ビザは下りないと思いますし、観光で滞在すれば病院費が負担になります。彼と結婚すればスポンサービザにも響いてしまいそうです。日本に帰国することもできますが、彼はできるだけ一緒に居たいと言って、一度帰国した後に妊娠した状態で観光ビザで戻ってくるのも不安があります。

現在妊娠7週目くらいです。

ちなみに学生ビザのレントゲン検査はお腹を手で隠せば可能かもという助言を他の方から頂きましたが、実際そうされた方はいらっしゃいますか?

どなたか同じような経験をされた方、ビザが下りた方などいらっしゃいましたら、どうかアドバイスをお願いいたします。

(17)
[1] ...ビザ云々よりも、妊娠初期にレントゲン検査をして大丈夫
2012年08月10日 - 15:03:41

...ビザ云々よりも、妊娠初期にレントゲン検査をして大丈夫なんでしょうか?

[2] greenさん
2012年08月10日 - 17:59:43

 もちろん妊娠中にレントゲン撮影をするのが良くないことは承知しています。ただこの場合はかなりやむを得ないとも感じています。ちなみに助言を頂いたのは助産のご経験が豊富な方からです。赤ちゃんへの影響は心配ですが・・

[3] あまり効果はないかと
2012年08月10日 - 18:36:57

手で隠してもX線からお腹を守れるかは微妙です。レントゲン技師さんたちは、介助の必要のある場合、鉛の入ったプロテクターを着用しながら仕事をしています。撮影中は出られる場合は別室から撮影ボタンを押しています。学生ビザの健康診断をするようでしたら、その旨は隠さず伝えた方がいいと思います。
あくまで個人的意見ですが、お二人のビザに不利になるというご心配のようでしたら、ご出産、または相手の方のビザがおりるまで、ご自身が観光ビザで極力滞在され、検診、出産は日本でということを基本にしてはいかがですか?
あとは、イミグレに問い合わせ今の状況を話し、アドバイスしてもらった方がいいと思います。ビザの条件は年々変わっていますので、、、。

[4] TTTさん
2012年08月10日 - 19:22:43

 仰ることよくわかります。彼がイミグレに相談した際は、やはり今のまま結婚すればスポンサーは難しくなるということと、学生ビザも可能性が低いだろうとのことでした。そうなるとやはり残された手段は帰国するか観光で滞在するということになりそうですね。。帰国を選んだ場合、後で再入国することも考えると不安は残りますが。。

レントゲン撮影は万が一のことを考えるとやっぱり止めた方がいいかもしれませんね。撮影してビザも下りなければもとも子もありません。

貴重なご意見ありがとうございます。

[5] または・・・
2012年08月10日 - 20:28:25

私は全くビザについて詳しくないですが、例えばフィアンセで申請はできないのでしょうか?

その妊娠を理由に。妊娠初期で心身不安定なので(多少大げさでも)彼と一緒にいたい、将来結婚する(これは1年以内と言うルールはあったと思いますが)予定、こちらに住みたいとか色々言えば、たしか子供がいる方がビザ取得(ビザの種類にもよりますが)しやすいというのを聞いたことがありますが・・・いかがでしょうか?

それともまだ結婚は考えられないでしょうか?

それか、お互いの将来を考え今だけ別々(遠距離ですが)で過ごし、彼がビザが取れ、ocoさんも安定期に入ればまた飛行機にも乗れますし(8か月くらいでも医師の診断書があればOK)会うことは可能なのでは?

とはいえ医療費云々に関してはしょうがないかもしれませんね。

Kさんのユーザアバター
K
[6] なぜ?
2012年08月10日 - 22:26:48

なぜ帰国後の再入国が不安なのですか?数回出入国を繰り返し、空港で不信に思われ入国拒否を心配されているのでしょうか?それとも体のことを考えて、何かあったら、、、ということを心配しているのでしょうか。
もし、ビザのことで心配しているようでしたら、確か国外からでも長期(最長1年)の観光ビザを有料ですが申請できると思いますよ。ただ、これも今観光ビザで滞在中なので、「なぜ、また長期ですぐ入国する必要があるのか?」と不信に思われることもあるかもしれません。詳しくはイミグレサイトで調べてくださいね。
先にもコメントしましたとおり、今のお二人の状況で経済的にもあまりお金をかけられない、ビザもまだしっかり決まっていないという状況であれば、すんなり国民保険に加入でき、多少なりとも出産育児一時金の出る日本での出産もありではないでしょうか?
その場合、妊娠中の検査もあるのでオーストラリアに滞在し、長期に渡り検診をしないというわけにはいかなくなりますね。その場合、こちらの産科を受信せざるを得なくなると思います。専門医なので診察料も高額かと、、、、。
出産後に、NPさんのおっしゃる婚約者ビザや、パートナービザ等該当するビザを申請しお子さん連れで戻ってくるのも一つかもしれませんよ。それまでの間は妊娠中のあなた様が両国間を行ったり来たりするのではなく、時間や状況の許す限り彼にしてもらっては?お二人の将来、お二人のお子さんのことなので、あなただけが今のお体の状態を押して今回のように会いに戻ってくる努力をしなくてもいいのではと思います。

[7] NPさん
2012年08月10日 - 23:37:12

 ビザに依っては子供が居るほうが下り易いものもあるんですね。知りませんでした。

彼とはスポンサーが下りたらパートナービザを申請するつもりでしたので、結婚という形の方が都合が良いのであればすぐに結婚することも可能だと思います。

もう一度イミグレに問い合わせ、フィアンセ申請について伺ってみたいと思います。それからもう一つの案、一時帰国し安定期に入ったら戻ることについても、もう一度じっくり考えてみたいと思います。アドバイスどうもありがとうございます。

[8] TTTさん
2012年08月10日 - 23:54:01

 はい、心配していたのは何度も観光ビザで再入国をする際に空港で止められるのではないかという点です。

日本に居れば保険も使えて、家族も居て心強いのは間違いありませんね。彼と離れ離れになるのも不安ですが、今は気持ちよりも状況で判断しなくてはと思っています。イミグレに一度帰国して観光で戻ってくることについても問い合わせてみたいと思います。彼はオーストラリアで出産することを希望しているようなので、戻ってくるとしたら安定期か彼のビザが下りてからということになりそうですね。。

因みに今日初診に行きましたところ7週目だからか、妊娠についての検査はまったくされず、今後の診察の流れと血圧チェックだけで$70近くしました。その後、希望なら他の科で採血検査もしていいよと言われ、金額を聞いたところ$280ちょっと掛かるとのことでしたので、今日はとりあえず検査はせずに帰宅しました。

ちょうど2人目を出産したばかりの姉に国際電話で聞いてみたところ、この段階での採血検査はまだ早いし、もう少し後でもいいと思うとのことでした。日本でもお金に余裕の無い家庭の妊婦さんは妊娠3ヶ月にして初診をすることも結構あるようです。

とりあえず今のところは、妊娠が確定するころまでもう暫く待って、それから次の診察に行こうと思います。

日本への帰国やビザについてはイミグレに聞いてみます。

 

皆様、貴重なご意見本当にどうもありがとうございます。

 

[9] こちらでの検診
2012年08月12日 - 00:19:00

こちらでは早くて7週、遅ければ12週くらいで初の超音波検査が入ります。これは一応メディケアカバー内ですが、おそらく実費だと300ドル近いとおもいます。

血液検査も尿検査も日本と違ってすぐには行わず、13週以降が主流ですがその後もほとんどありません。

ただ、万が一流産、なんてことになるとこちらで救急車を呼んだり、手術ということになり、おそらく海外旅行保険ではカバーしてくれないのでは?とちょっと気になりました。

何が一番赤ちゃんによくないかと言えばストレスです。解決できるなら早めに色々調べて赤ちゃんのためにも結果を出してあげた方がいいですね。

Kさんのユーザアバター
K
[10] 何がしたいのか良く分かりません
2012年08月16日 - 10:14:36

質問の文章では質問の要点がつかめなかったのですが、彼もOCOさんも永住権を持っていないということでしょうか?それでいて、妊娠した、子供はオーストラリアで産みたいと彼が言っている、オーストラリアに住みたい。そして、文中にもありましたが ” もちろん妊娠中にレントゲン撮影をするのが良くないことは承知しています。ただこの場合はかなりやむを得ないとも感じています” とありますが、

あまりにも自分勝手というか、命を何だと思っているのでしょうか?オーストラリアに住みたいからお腹の子供に良くないと分かっているけどビザのためだから仕方がない? そもそもあなたがオーストラリアに住む意味っていうのは何ですか?赤ちゃんを授かるという意味はどういうことなのでしょうか?

日本のお子さんを持つ多くのお母さんは、自分のかわいい子供を少しでも放射能の被害から守るために食べるものや、空気、さまざまな放射能から守ろうとして必死なのに、自分がオーストラリアに住みたいからやむを得ないというのはどういうことなのでしょうか。

それに永住権もない彼のいうことも私にはいい印象が伝わってこないです。永住権がないということは、いつ強制的に退出されてもおかしくないことですし、オーストラリア人と同じような保障がないということです。そんな状況で好きな人が移民としてこの国で出産と育児をする危険さと大変さを本当に分かっているなら、そんなことを簡単に言うとは思えませんが、なぜオーストラリアに住む必要があるのか、子供に障害が残る可能性があるのにレントゲンなどを撮る必要があるのか?逆になぜ彼と一緒に日本もしくはその彼の国で住もうとしないのか?と思います。少なくとも日本と彼の国であればオーストラリアより簡単にビザが降りる可能性が高いのではないのでしょうか?