この国でフォトグラファーになるには?
2011年05月18日 - 01:15:09

メルボルン在住5年になります。

将来フォトグラファーおよび、写真館の経営などを考えている者です。

専門的な分野ですので、フォトグラファーになるため、そして知識を蓄え、経験もどんな形にしろ積む必要があると思いますが、はっきり言って日本とは違うため、どのように動けばいいのかが分かりません。

ネットでもいろいろ調べている最中ですが、学校も結構少なくプライベートだったり大学の中の専門分野だったり・・・。

ネットで勉強したりするサイトも見つけてちょっとゆれましたが、全てネット上で学ぶ事も少々疑問があったりして余計分からなくなりました。。。

専門知識・技術ですので、日本語でより明確に吸収するため勉強できる所がより良いのでしょうが、たとえば日本に帰って学校に通う事も期間が長いと家族もいる為ちょっと無理のようです。

ちなみに英語力は、とりあえず基本的なTAFE入学に必要なIELTS5.5ほどはあります。

どなたかに、フォトグラファーへの道のアドバイスを頂けたら嬉しいです。

一人で悶々と考えているので、よろしくお願いします!!!

★竜馬★

(5)
[1] photo
2011年05月18日 - 09:26:40

友達にフォトグラファーがいますので聞いてみました。

まずはやはりアート系の専門学校に通った方が良いそうです。学校では技術や知識を得るのももちろんですが、何よりも人脈ネットワークを作るのが一番大事だそうです。卒業後にフリーで活動するにしろ、会社の専属カメラマンを目指すにしろ、ネットワークを持ってないと始まらないそうです。

在学中はとにかくフォトコンテストに出展しまくりましょう。コンテストで入賞の実績が無ければプロになるのは厳しい・・・ということらしいです。

 

[2] フォトグラファーといっても、いろいろと分野やスタイルがある
2011年05月18日 - 12:20:56

フォトグラファーといっても、いろいろと分野やスタイルがあると思います。自分が仕事としてやっていきたい写真の方向性をある程度見極めた上で、それに合わせたトレーニングをして、必要ならプロについてアシスタントとして経験を積むのもいいのではないでしょうか。ただ、アシスタントとして使ってもらうには、最低限仕事ができる知識レベルは必要とされるのだと思います。

フィルムでやるのか、デジタルでやるのか。それぞれ撮影から、ポストプロセス、印刷、ビジネスマネージメント、いろいろ知っておかなくてはできないと実感しています。ただ綺麗な写真を撮るだけのテクニックだけなら、いろんなワークショップがあって、ウェディングフォトグラフィーにお決まりなレシピ(典型的なウェディングの写真)や写真を取る時のお客さんとのコミュニケーションのコツなんかも教えてくれるようです。しかし、コミュニケーションとしての写真ということになると、どうゆう構図、光、何を連想させるかなどを考えて画を組み立てたりするという考え方が必要ですから、アートスクール系の学校、あるいはコミュニケーションの勉強が必要でしょう。商業写真には必須だと思います。

メルボルンでは、週末などにやっているワークショップ、CAE、PSC、そして RMIT のアートコースなどがあると思います。PSCのパートタイムコースなら、週2晩で一学期5000ドルぐらいだと思います。最初の1学期だけやってみて、その後どうするか決めるというのもいいかもしれません。

http://ytphotomelb.wordpress.com/

[3] フォトグラファーへの道
2011年05月19日 - 00:54:38

BEARCAVEさん、yt photoさん早速のお返事ありがとうございます!!!

やっぱり一人で悶々としているよりは、気持ちが少し晴れてきたような感じです。

ネットワーク作りはとても私も重要だと思います。

結局人との繋がりで、可能性が広がったり一人ではできない事などが、開けてくるでしょうし・・・。

yt photoさんのサイトも拝見させていただきました。なかなか興味深い写真もあり、こういう形もあるなあ・・と 

よい参考になりました。

この間の日本文化祭の写真はyt photoさんの撮られた写真だったんですね。

まだ正直、本格的にもはじめていないので、分野やスタイルを絞れる気はしませんが、紹介していただいた学校もぜひ重要参考にさせて頂いて、最低限知識レベルを身に着けるためにも 踏み込んで見ようと思っています。

ご丁寧に回答いただき、ありがとうございました!

 

 

[4] 日本文化祭は、日本語学校の Japaneasy
2011年05月19日 - 10:26:33

日本文化祭は、日本語学校の Japaneasy さんが主催されたものでしたね。
私もボランティアの一員として会場の準備や片付けに参加して、楽しい一日でした。
来年も是非行きたいと思っています。
(例年BoxHillで行われているものは、日程の都合で参加できませんでした。)

写真の話はいつでも楽しいですから、よければ市内のギャラリーでも行ってお話
しませんか?よくNGVのラウンジに行っていますが、市内には小さいアートギャラリー
がたくさんあるようなので、探検するのも楽しいかもしれないですね。
普段から音楽や絵画、写真、映画、なんでも感性にひびくものに接するのは
いいことだと思います。

[5] 竜馬さんからは直メールいただいてますが、他の方にも参考にな
2011年06月10日 - 11:50:52

竜馬さんからは直メールいただいてますが、他の方にも参考になるかもしれないので、イベントを紹介します。あいにく今年はシドニー開催の年なのですが、もし可能であれば、参考になっていいと思います。

PMA Imaging & Entertainment Expo 6月24−26日

http://www.pmaaustralia.com.au/

機材やサービスを提供しているメーカーがブースを出展してくるので、いろんなメーカーの最新機材を試して説明を聞いたり、いろんなプリント用紙を実際に手に取ってみることができます。いろんなブースが著名なプロ写真家にデモをさせるので、ウェディング写真のワークショップだとか、スタジオライトの効果的な使い方など、いろいろ勉強になります。

開催中はセミナーがあって、いろんな写真業界の現状や、これからビジネスに入る人たちへ向けたお話など、盛りだくさんです。オンライン登録すれば無料ですので、もしシドニーに行ける方は、是非遊びに行ってみてください。