書留・荷物便の配送に関して
2012年05月06日 - 23:40:05

「楽器店」に記した通販に二の足を踏むと言う事情でありますが、Australia Postによる配送に関して疑問があります。

私共の住いは集合住宅で、郵便受けは建物を出て表通りに面した戸口からならば50メートル以上は離れた場所にあります。通常の郵便物は郵便受けへの配達で何ら問題はありませんが、そこで受け取れない書留・荷物便があった場合にはほぼ毎回、郵便受けに残された不在通知によってその存在を知り、こちらから郵便局まで取りに出向いております。私共は不在通知に記された日時には、これまたほぼ毎回在宅しているにも関わらず、配達人が部屋まで訪ねて来ることはまずありません。一度妻がたまたま通りで目撃したそうですが、配達人は最初から郵便受けに不在通知を投げ込んで去ったとのことです。ウチだけの扱いか、この建物全てがさようであるのか、はたまた(まあそんなことは有り得ないと思いますが)この地区の配達はそう言うものなのか?

郵便局にて訊ねれば済むことではありましょうが、その前に皆様に当地の事情を伺いたいものと存じます。なお該当するのは日本からの国際便の場合がほとんどであるように思います。

(13)
[11] 問題解決法
2012年05月19日 - 09:46:58

以前、AUATRALIA POSTに勤めていた者です。書留めや郵便物に関する苦情を最寄の郵便局に言っても、なかなか解決しないと思います。

その理由ですが、本局以外の街中に点在する小さな郵便局は、それぞれの経営者がAUSTRALIA POSTと契約して営業している、いわゆるフランチャイズの店舗であり、書留めを含む普通郵便や小包の配達業務は行っていません。そのため郵便局側にとっては、自分の管轄業務外の苦情を言われてもしらない、となるのです。

郵便配達員(ポスティ)や小包を届けるドライバーは、最寄の郵便局から配達に来ていると思われる方もおられますが、どちらも州内に点在するデリバリーセンターから来ているのです。そして不在で配達できなかった書留め(普通郵便、小包共)は、デリバリーセンターに戻る前に最寄の郵便局に引き渡すことになります。

普通郵便物(手紙、書類等)や手のひらサイズの小型の荷物は、基本的にポスティが配達します。それ以外の大型の荷物は、ドライバーが配達します。(中にはポスティが配達すべき小型の荷物を配達する場合も多々ありますが。)

この小包を配達するドライバー達ですが、AUSTRALIA POSTから配達する権利を買い取った、下請けの人達です。その下請けの人達がさらに個別にドライバーを雇っているのが現状です。このように個別に雇われたドライバー達ですが、直接AUSTRALIA POSTが面接をしてポリスチェックをしたわけでは無いようです。そのため中には悪質なドライバーが書留めではない小包を家に持ち帰っていたという事件も発生しています。

家にいるにもかかわらず不在届けがポストに入っていた場合、出来るだけ早く苦情を言うべきです。ではどこに言うのか?それはAUSTRALIA POSTのサイトからです。

サイトのトップ内上部右手にある「Contact us」をクリックし、下の方の「Contact us directly」にある「email 」または「phone」から苦情を言うのが、一番確実で早い解決法だと思います。

あなたの住所はもちろんですが、不在届けを受け取った日付を忘れずに伝えてください。そうすれば、誰が配達したのかが特定できるからです。「いつも不在届けが投げ込まれます。改善してください。」とだけ伝えても、問題は解決されないでしょう。なぜなら、いつも同じ人が配達しているとは限らないために、怠慢な配達員が特定されない限り問題の解決はありません。

この方法で苦情を言った次の日には、確実にあなたの地域を管轄するデリバリーセンターにその連絡が行きます。そしてあなたの郵便物を配達したポスティ、又はドライバーに苦情内容が伝えられます。さらにデリバリーセンターからあなたに連絡があることと思います。英語が苦手な方は、苦情のメール内に「連絡はメールのみで」と付け加えればいいと思います。

あと書留め以外の小包についてですが、ポストに入る大きさの物はポストに、入らない物は玄関先に届けるというのが基本です。不在であっても玄関が通りに面していて人目につきやすく盗まれる可能性があっても、ポスティやドライバーには最寄の郵便局まで持っていく義務はないのです。ですからネットでの買い物や家族から小包を送ってもらう場合、必ず書留めにするべきです。書留め分の料金は、安心料と考えれば高くないと思います。

別の方で、オンブズマン曰く玄関先に荷物を放置するのは違法らしいというコメントがありましたが、書留め又は「DO NOT SAFE DROP」(放置するな)と指示された荷物を放置するのは違法ですが、それ以外の荷物の場合、その方の敷地内でしかも玄関先ならば違法にはならないと思います。事実、デリバリーセンターではポストに入らない大きさの郵便物や荷物は、玄関先に配達(放置)する様にと指導しています。

 

 

 

 

[12] 解決方法、感謝致します
2012年05月15日 - 22:27:43

atari様、詳細な内部情報を有難うございます。

コメントを拝読し、現状の如き問題が生じる原因に関しかなりのところ納得が行きました。また私の解釈・推測で当たっている部分もありましたが、部外者には真の事情を知る由もありません。解決方法に付きましても、決定的なものをお教え下さいまして本当に感謝致します。次回不在通知が投げ込まれたならば、早速実行したいものと考えます。この質問をきっかけに多くの方々の不都合が解消されるのであれば、問題を提起した甲斐があると言うものです。

では今後新たな進展がありましたならまた報告させて頂きます。皆様、本当に有難うございました。
 

[13] 苦情は解決するまで何度でも
2012年05月15日 - 20:42:56

この件に書き込みをされた方以外にも、不在通知をポストに放り込んで立ち去るポスティやドライバーに苛立った経験のある方はたくさん居られることでしょう。「苦情を言いたくても英語に自信がない」とか「日本と同じサービスを求めるほうが無理かも」と考えて、イライラしながらもあきらめてしまっている方も居られるかもしれません。

しかし、問題解決にはきちんと苦情を伝えるのが一番です。お客の立場である私達がわざわざ車やトラムに乗り、貴重な時間とお金を使って取りに行く作業を強いられるべきではないのです。泣き寝入りしてはいけません。

ポスティもドライバーも、書留めやポストに入らない大きな荷物は玄関先まで届ける義務があることを十分承知しています。するべき仕事をしていないのにお客から苦情が無いとなると、「この家は苦情が出ないな。じゃあこれからも不在届けを入れておこう」となるのです。「苦情の出ない家」ではなく、「すぐに苦情の出る家」と思われた方がいいのです。

AUSTRALIA POSTのサイトを通したお客の苦情は、きちんと記録として残ります。しかし、最寄の郵便局でどんなに苦情を言っても記録には残りません。よほど親切な人に当たらない限り、あなたの苦情が管轄のデリバリーセンターに伝わることは無いでしょう。理由は前回のコメントに書いた様に、自分達の管轄業務以外の苦情処理をすることは彼らにとって余計な仕事が増えることになるため、曖昧な対応で終わってしまうのです。

お客の側からすると、「なぜ郵便局できちんと取りあってくれないんだろう?簡単に解決できる問題なのに」と思うのですが、郵便局側からすると、「直接ポスティやドライバーに言ってくれ。うちは関係ない」というのが本音なのです。

ポスティもドライバーもたくさんの苦情を受けるようになれば、職を失いかねないために態度を改めるはずです。中にはなかなか態度を改めない輩がいるかもしれませんが、あきらめずに問題が解決するまで何度でも苦情を言い続けるべきです。

いつまでも同じ問題が解決されない場合、問題のポスティ又はドライバーの所属するデリバリーセンターのマネージャーには問題を解決するようプレッシャーがかかります。そのため、ほとんどの苦情は遅かれ早かれ解決するはずです。

ただひとつ問題があります。それはポスティにしろドライバーにしろ、配達員が変われば再び同じ問題に悩まされる可能性がある、ということです。間違いなく苦情の記録は保管されるのですが、配達員が変わるたびにどこの家がどんな苦情を言ったなどという情報はいちいち伝えられないのです。「問題が解決したはずなのに、しばらくするとまた不在届けが入っていた」という場合、配達員が変わった可能性が高いです。その場合、残念ながらまた苦情を言うしかありません。

しかし、ここであきらめてはいけません。先にも書いた様に、同じ家から同じ内容の苦情が繰り返し寄せられると、デリバリーセンターのマネージャーは問題解決を迫られます。そうなれば、配達員が変わるたびに「きちんと配達するように」と伝えるようになると思います。なぜお客の立場である私達がそこまで苦労しなければならないのかとやり切れなくなるのですが、残念ながら苦情を繰り返すしかないのが現状です。

日本人は他の国に比べると、苦情を言うよりも我慢したりあきらめる性格の方が多いと思います。特にまだ英語に自信の無い方は、言いたくても言えないためにストレスが溜まる事も多々あるかと思います。日本人同士ならば言わなくても相手に通じることもありますが、この国では言わなければ絶対に通じることはありません。電話での会話が不安ならば、emailがあります。時間をかけてゆっくり書けばいいのです。今回の書き込みが、少しでもこちらで生活されている日本人の方々のストレス軽減に役立てば幸いです。