2019/10/12

 ただの比較級だと思われているかもしれませんが、"as" はオーストラリアでは比較だけでなく、強調・確認・疑惑を表すときにも使います。オージースラングには、"as" をベースとしている言葉が多く、トップ5に入るほど多用されています。  日本語の「めっちゃ」や「超」と同じくらい不可欠な存在で、オーストラリアでは "as"...

2019/09/24

⠀ ⠀⠀ 日本語と同様に英語にも、TPOに応じて「適切な言葉使い」が存在します。⠀⠀ 知ってはいるけど、なかなか使いこなせない言葉のエチケット。⠀⠀ エリーの英語エチケット講座では、そんなあなたのために3つのシチュエーション に合わせたフレーズをご紹介します。 ⠀⠀ 友人や家族などに対して「カジュアル...

2019/09/12

 Sandwichは "Sanga"、大工は "Brickie"(Bricklayerの省略) 、"フットボール用語" で紹介した "Speccie" のように、オーストラリアでは名前、名字、名詞などあらゆる言葉を略すのが得意だと思います。  ほかの英語圏の国でも言葉を略しますが、オーストラリア人ほど言葉を短縮することはなく、...

2019/08/24

⠀ ⠀⠀ 日本語と同様に英語にも、TPOに応じて「適切な言葉使い」が存在します。⠀⠀ 知ってはいるけど、なかなか使いこなせない言葉のエチケット。⠀⠀ エリーの英語エチケット講座では、そんなあなたのために3つのシチュエーション に合わせたフレーズをご紹介します。 ⠀⠀ 友人や家族などに対して「カジュアル...

2019/08/12

 公正、公平、あるいは正々堂々とする。そのほかにも、綺麗、大体、金髪、天気がいい日、にも使える言葉。それは"Fair"です。  この言葉は、オーストラリアの歴史や文化に深く関わっていて、オーストラリアの社会思想の大黒柱といわれるほどです。その理由は過去に根源があり、現在の多様な社会にも存在するのです。  今回は、...

2019/07/24

⠀ ⠀⠀ 日本語と同様に英語にも、TPOに応じて「適切な言葉使い」が存在します。⠀⠀ 知ってはいるけど、なかなか使いこなせない言葉のエチケット。⠀⠀ エリーの英語エチケット講座では、そんなあなたのために3つのシチュエーション に合わせたフレーズをご紹介します。 ⠀⠀ 友人や家族などに対して「カジュアル...

2019/07/12

 近年、日本文化が世界中で爆発的に人気となり、メイドや働きすぎのサラリーマン、暴走族、オタクなど、それぞれの日本の独特な人物が外国人の日本のイメージにはめ込まれました。  そんな中、世界中では知られていないかもしれませんが、オーストラリアにも独特な人物が数多く存在しています。"Bogan"、"Jillaroo"、"Grommet"...

2019/06/10

 6月に入り冬本番になってきました。暖かいベッドから出にくくなったり、厚着と暖房が親友になったり、湯船が恋しくなったりするメルボルンの冬。  しかし、オーストラリア全土、特にメルボルンには冬の到来で熱くなる人々がいます。なぜかと言うと冬はAFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)の本番です。AFL通称フッティーは1858年、...

2019/05/10

 2006年、オーストラリア観光事業委員会のCM "So where the bloody hell are you?" が "bloody" の使用により、イギリス、カナダ、そしてシンガポールで禁止され、一気に注目を集めました。オーストラリアらしさを表すために使われた "Bloody" は、本来17世紀にイギリスで生まれ、...