Iron Chef どこまでも追っかけ!4日間(2日目)

2 日目

 2日目 617日(金)PRイベント

 

土日のイベントを前に、メディア発表と一般のお客様を呼んでのプレイベント。

会場は本番前のRACV City CLUB

新聞社、ラジオ局など、メディアが集まり、一般のお客様も来場。KIRINCANONJALDuck Duck GooseICHIBA JUNCTION、感研など協賛会社のブースもあって、食べ物、飲み物を試食することができる。

                                            司会に紹介されて、笑顔の坂井シェフ、陳シェフ

まずは、2人のIron ChefRACV City CLIBExective Chef Mark Normoyleさんの紹介だ。

後で聞いたところによると、Iron Chef 2人に囲まれて緊張しているかと思いきや              

「今回は楽しくベストを尽くす」とのこと。                                                                         

そして2人のシェフには、「自分のキッチンだと思って何でも言いつけて下さい」と話をしたらしい。

「それで腕をふるってもらえれば、とてもうれしいから」と、先輩シェフを立てる。

会場からの質疑応答では、「坂井シェフにハグしてもいいですか?」という                           

熱狂的ファンも飛び出し、カメラに収まるシーンも。

次は本家本元の「Kenichi Chen’s Mapo Tofu」のデモンストレーションだ。                          

ラー油、チリオイル、豆板醤、山椒など10種類以上の調味料で複雑な香り、味が楽しめる。

「これはね、ご飯と一緒に食べないと、おまわりさんが来て逮捕されちゃうよ」と陳シェフ。        

それほど「カラウマ」なのだが、日本の四川飯店では、もっと辛くするそうだ。

おいしい香りが会場全体を包み、見ている全員幸せな気分に。おかわりしたい衝動に駆られたが、

そこはじっと我慢。

 使われた調味料の数々。こんなに多くの種類を使うのか(左) デモンストレーションでお客様の質問に応える。(右)

 両シェフにエプロンにサインをしてもらい、一緒に写真に納まり、

そして、ここでの収益も東日本大震災の義援金になると聞いて、大満足で帰途に着いた。

明日からのイベントも楽しみだ。

 

スポンサーのCanonブースでポーズ。